形成・美容外科の予約は
東京先進医療クリニックと提携院の東京美容外科にて承っております。

line東京美容外科
LINEアカウント

line東京美容外科
LINEアカウント

QR

×

最終更新日:2022/09/21

インプラントの治療期間ってどのくらい?治療の流れや長くかかる場合についても解説


インプラント治療を始めるかどうか決めるにあたり、考慮すべき要素はいくつかあります。治療期間もその1つです。ここでは、長くなるといわれているインプラント治療の流れや、長くかかる場合についても解説します。
 

インプラントの治療期間は?

インプラントとは、「体内に埋め込む医療器具」のことを指します。歯科治療におけるインプラントは、強い力をかけても自分の歯のように噛める点がメリットとして挙げられます。しかし、それを活用するためには生体親和性の高いチタンやチタン合金でできた、人工歯根をあごの骨に埋め込む外科手術を行わなければなりません。
具体的な平均的治療期間は、3カ月~1年くらいといわれています。治療期間に幅があるのは、それぞれのお口の健康状態に違いがあるためです。歯茎や骨が健康であれば、インプラントはスピーディーに結合するため、治療期間は比較的短期間で済みます。逆に、歯周病だったり骨が弱かったりする場合には、まずその治療を行ってからインプラント手術を行います。
 

インプラント治療の流れとかかる期間

精密検査と治療計画

お口の中の状態、骨の強度などを把握するために精密検査を行います。目視による検査に加えて、レントゲンやCTで撮影をします。その後、患者一人一人の希望や状況に合わせて治療計画を立てますが、この段階で不安や不明な点があれば、歯科医に伝えて納得できるまで話し合うことが重要です。かかる期間は2日~2週間で、通院回数は2~3回です。
 

事前治療

治療計画について理解して同意したからといって、すぐにインプラント治療が始まるわけではありません。上述したように、歯茎やあごの骨の健康状態が異なるため、まず治療を受けられるようにするための事前治療が必要です。
具体的には歯周病の治療をしたり、あごの骨の造骨治療や人工骨埋入手術を行ったりします。お口全体の状態が健康であれば、事前の治療は必要がないため、その分治療期間が短くなります。この段階でかかる期間は、それぞれの症状によって大きく異なりますが、長い場合は数カ月に及ぶこともあります。
 

インプラント埋入手術

インプラントを埋入する手術には、1回法と2回法があります。どちらを選ぶかは、患者の状況に基づいて歯科医が判断します。1回法の場合は通院回数が1~2回、通院期間も1日~2週間で済みますが、あごの骨の量が十分で健康でないと手術を受けられません。1回法では人工歯根と接続部となる、アバットメントが一体型になったものをあごの骨に埋入します。
これに対して2回法は、最初の手術で人工歯根をあごの骨に埋入する手術を行い、一定期間を置いて安定させます。2回目の手術で、人工歯根と人工歯を連結させるアバットメントを装着します。この場合の通院回数は4~6回、通院期間は3カ月~7カ月です。
 

インプラント定着

手術後、すぐにアバットメントに人工歯を装着できるわけではありません。あごの骨と人工歯根が結合するには時間がかかります。個人差がありますが、3カ月~6カ月といわれています。
 

人工歯を装着する

人工歯根とあごの骨がしっかり結合し、土台が安定したらアバットメントにセラミックなどで作られた人工歯を装着します。この作業自体は1日で終わります。
 

インプラント治療期間が長くなる場合

インプラント治療の平均的な治療の流れは上述したとおりですが、場合によってはその期間が長くなる場合があります。主な理由は、手術前に歯茎や骨の治療が必要なためです。その中でも、代表的な3つのケースについて解説します。
 

歯肉の移植手術

歯周病などが原因で、歯茎が下がった状態を歯肉退縮といいます。歯肉退縮の場合、インプラントを埋入させるあごの骨が露呈する危険性があります。そのため、上あごの裏側の歯茎から一部を採取し、インプラントを埋入させる部分に貼り付けるのです。歯肉が再生するまで1カ月~2カ月かかるといわれています。
 

骨誘導再生

インプラントを埋入する骨の高さや、幅が足りない場合に補充を行います。骨が不足している箇所を「メンブレン」と呼ばれる、人工膜で覆うと4カ月~6カ月で骨が再生されるといわれています。
 

骨移植

手術するために骨が不足する場合は、骨移植を行います。骨移植にはいくつかの方法がありますが、その中の1つがサイナスリフトです。サイナスリフトとは上あご上部にある上顎洞(サイナス)から、シュナイダー膜をはがして持ち上げ、そのスペースに人工骨や患者のほかの部位から自己骨を移植する手法です。
 

インプラント治療後の過ごし方

インプラント手術後は、痛みや腫れが気になると思います。1週間くらいで症状が落ち着いてくるため、それまでは手術部位が気になっても触ったり、舌で触れたりしないようにしましょう。また、その期間はアルコールを控えることをおすすめします。アルコールの摂取によって血行が良くなるため、傷口から出血したり、炎症が起きたりしやすくなるからです。同様に辛いものや酸っぱいもの、硬いものなども痛みや腫れの原因になりかねませんので、できるだけ避けたほうがよいでしょう。
激しい運動や入浴も血行をよくするため、術後2~3日は控えることがすすめられています。
 

インプラント治療の痛みについてはこちら
 

インプラント治療後もメンテナンスが必要です

インプラントは一度の治療だけで、ずっと使えるわけではありません。少しでも長く使用し続けるためには、毎日のブラッシングなどセルフメンテンナンスに加えて、歯医者での定期的なメンテナンスが必要です。特に、インプラント周囲炎と呼ばれる病気になると、歯茎が炎症を起こして埋入したインプラントが脱落しやすくなります。最悪の場合、再手術が必要となるため、定期的なメンテナンスを行いましょう。
 

インプラントのメンテナンスについてはこちら
 

まとめ

インプラントの治療の流れや治療期間、お口の状態によっては長くなる理由について解説しました。ただし、インプラントだけが選択肢ではなく、セラミック治療で解決できる可能性もあります。自身に合った治療を選択できるよう、どちらも対応しているクリニックに相談することをおすすめします。
 

当院のインプラント治療についてはこちら
当院のセラミック治療についてはこちら
セラミック歯の種類と値段についてはこちら
 

 

監修歯科医師の紹介

東京先進医療クリニック 林 伸至 歯科医師

東京先進医療クリニック
歯科・口腔外科 診療顧問

歯科新宿院院長

名取 啓三 歯科医師Keizo Natori

学歴
1989年 福岡歯科大学 卒業
経歴
1989年 歯科クリニック 勤務
2001年 複数の大手美容外科にて研鑽を積む
2021年 東京先進医療クリニックに入職

詳しく見る

形成・美容外科の予約は
東京先進医療クリニックと提携院の東京美容外科にて承っております。

line東京美容外科
LINEアカウント

line東京美容外科
LINEアカウント

QR

×