形成・美容外科の予約は
東京先進医療クリニックと提携院の東京美容外科にて承っております。

line東京美容外科
LINEアカウント

line東京美容外科
LINEアカウント

QR

×

最終更新日:2022/05/27

セラミッククラウンとセラミックインレーの違いとは?


歯科医院で「クラウン」や「インレー」という用語を聞いたことがあるかもしれません。以下では、その治療法の違いについて、またセラミックを使った「クラウン」や「インレー」のメリットやデメリットについて比較しながらご説明いたします。
 

セラミッククラウンとは

簡単にいえばクラウンとは、「被せもの」のことを指します。つまり、セラミッククラウンとはセラミックを使用した被せもののことです。
セラミックとは狭義には陶磁器を指しますが、広義では無機物を加熱処理し、焼き固めた素材のことです。虫歯治療などで歯を削って詰めものをしたり、被せものをしたりするときにさまざまな素材で補いますが、セラミックもその一つです。以前は金属や「レジン」と呼ばれるプラスチックが主流でしたが、今ではセラミックが主流になってきています。
以前からセラミックはその優れた審美性ゆえ歯科治療に用いられていましたが、割れたり、欠けたりするといった強度面での不安がありました。しかし、近年セラミック素材の開発が急激に進み、ジルコニアなど強度面で非常に優れた新しいセラミックも歯科治療で使用されるようになってきています。
 

セラミック素材の被せもの

クラウン、つまり被せものが必要なのはなぜでしょうか?虫歯になると歯が虫歯菌によって溶かされてしまい、もう元には戻りません。そうなると虫歯部分を治療する必要がありますが、治療範囲が広い場合は詰めものではなく全体に被せものをする、つまりクラウンを使うことが必要になるのです。
治療する範囲だけでなく詰めものか被せものかを決める別の要素として、強度も考慮しなければなりません。クラウンは設置するために歯を大きく削る必要がありますが、それだけ強度が高く、歯全体を覆うため虫歯にもなりにくいのです。従来はクラウンも金属が主流でしたが、今では前述したように強度に優れるセラミックが用いられることが増えてきています。
 

セラミッククラウンのメリット

セラミッククラウンを従来の金属を用いる治療と比較してメリットを挙げてみます。もっとも大きなメリットは審美性に優れているという点でしょう。前述したようにクラウンの場合、治療する範囲が広いため、金属を被せるとどうしても目立ってしまいます。その点セラミックであれば自然な色調に調整することができ、周りの歯に合わせて違和感なくなじませることが可能です。特に金属の被せものをした場合、光を通さないため歯全体が暗く見えますが、セラミックであれば天然の歯と同じような自然な透明感を再現することが期待できます。
 
セラミッククラウンのもうひとつのメリットは、金属を被せた場合に生じるかもしれないアレルギーのリスクをゼロにできるという点です。もちろん、金属をクラウンとして使用したからといって必ずアレルギーを発症するわけではありません。各人の体質によりますが、全体的な傾向として、近年金属アレルギーを発症する方が増加しているといわれています。海外の歯科治療ではできるだけ金属を使用しないように注意喚起がなされているほどです。
金属アレルギーの厄介なところは、アレルギー症状と歯科治療の因果関係が特定しにくいという点です。金属をクラウンとして用いて、治療当初は問題がなくても数年後に発症してしまう場合もあります。そもそも金属アレルギーは口腔内の炎症ではなく、アトピーや湿疹などの皮膚症状である場合が多く、ほとんどの方はその理由が歯科治療だと気づきません。
また、仮に症状が歯科治療による金属アレルギーによって引き起こされていると突き止めても、クラウンは一般的に合金であり、金、銀、パラジウムに加え別の金属も含まれているため、原因物質(アレルゲン)を特定するのが困難です。
そのため身体に何らかのダメージを与える金属ではなく、セラミッククラウンを選ぶことはメリットが大きいでしょう。
 

セラミッククラウンのデメリット

前述したように歯全体に虫歯が進行しており、治療範囲が広く、クラウンを使用する際には歯を大きく削らなければなりません。そこにセラミックを被せることになるため、費用は高額になります。もっとも経年劣化しにくい点や審美性に優れていることを考えると費用をデメリットと考えるかは人それぞれでしょう。
また、セラミックは絶対に割れたり欠けたりしないわけではありません。特に奥歯のように噛む力が集中的にかかる部位では割れたり欠けたり可能性がありますし、歯ぎしりの癖がある方であれば、そのリスクはさらに高まるでしょう。
 

セラミックインレーとは?

クラウンに対してインレーとは、簡単にいえば詰めものです。クラウンに比べて虫歯の範囲が狭く、局所的な治療になります。クラウンと同じように、従来詰めものには金属やレジンなどが用いられてきましたが、現在ではセラミックインレーが主流になってきています。
 

セラミックインレーのメリット

セラミックインレーはまず型取りをして、歯科技工士によって精度の高い詰めものが製作されるため、しっかりと歯に接着します。詰めものと歯の間に隙間があると、そこに虫歯菌が入り込み虫歯になることがありますが、セラミックインレーの場合はそのリスクを減らせます。
またセラミックインレーの場合もセラミッククラウンと同様金属を使用しないため、アレルギーの不安がありません。身体への負担が少ない治療法です。
もちろん、セラミックであるゆえに審美性にも優れています。銀歯だとたとえ奥歯に用いたとしても角度によっては見えてしまいますが、セラミックであれば奥歯だと判別は難しいですし、前歯に用いても自然な発色、天然の歯と相違ない透明感を再現できます。
 

セラミックインレーのデメリット

セラミッククラウンに比べ、セラミックインレーは局所的な治療のため強度が弱いのがデメリットでしょう。またセラミックの宿命ですが、強い力がかかると割れる危険性はインレーでも同じようにあります。さらに保険適用外のため治療費が高額になりますが、インレーはクラウンに比べて治療範囲が狭いため、多少は低めに抑えることが可能です。
 

セラミッククラウンとセラミックインレーの違いのまとめ

以上、セラミッククラウンとセラミックインレーのメリット・デメリットを挙げました。クラウンは虫歯が歯全体に進行しているような場合の被せものであり、インレーは局所的な詰めものであることがお分かりいただけたと思います。セラミックを使用した治療は保険適用外ですが、クラウンの方がインレーより大きく削るため、必然的に高額になります。
セラミックを使用した治療のメリットは審美性が高いこと、金属アレルギーのリスクをゼロにできるため身体への負担が少ないことが挙げられます。またセラミック治療の進歩によって、ジルコニアなど金属に劣らない優れた強度を持つセラミック素材が登場しています。しかし費用が高いこと、また奥歯など力が強くかかる部位では壊れる可能性がゼロではないことに注意が必要です。
ご自身の症状や痛み、予算などに合わせて歯科医とよく相談し、クラウンなのかインレーなのか、あるいは素材としてセラミックを選択するのが最善なのか慎重に検討していただきたいと思います。
 
当院のセラミッククラウンについて詳しくはこちら
https://www.admd.jp/oralsurgery/ceramiccrown/
当院のセラミックインレーについて詳しくはこちら
https://www.admd.jp/oralsurgery/ceramicinlay/

形成・美容外科の予約は
東京先進医療クリニックと提携院の東京美容外科にて承っております。

line東京美容外科
LINEアカウント

line東京美容外科
LINEアカウント

QR

×