形成・美容外科の予約は
東京先進医療クリニックと提携院の東京美容外科にて承っております。

line東京美容外科
LINEアカウント

line東京美容外科
LINEアカウント

QR

×

最終更新日:2022/09/21

インプラント手術後の過ごし方をご紹介!術後の痛みや腫れについても解説


歯を失った場合の治療法として、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つが知られています。インプラントが入れ歯やブリッジと異なるのは、手術を伴う点です。ここではインプラント手術について取り上げ、術後の過ごし方や痛み、腫れについても解説します。
 

インプラント手術って?

■インプラント手術の概要
インプラント手術とは、生体親和性が高いチタンやチタン合金などで作られた、人工歯根をあごの骨に埋め込む手術のことを指します。通常、その人工歯根にアバットメントと呼ばれる支台部を装着し、さらにセラミックなどで作られた人工歯を取り付けます。ワンピースタイプもあり、こちらはアバットメントと人工歯根が一体化したものです。
 

インプラント手術には1回法と2回法があります。1回法の場合は、1回の手術であごの骨にワンピースタイプのインプラント体を埋め込むか、人工歯根を埋め込むと同時にアバットメントを連結します。2回法は、1回目の手術で人工歯根を埋め込んでから、骨と結合するまで3~6カ月間時間を置いた後に、アバットメントを連結します。
 

どちらを採用するかは、主にあごの骨の量によって決められます。骨が健康で十分な量があれば1回法でもインプラントが安定しますが、老化などが理由で十分な骨が確保できない場合は2回法で行われます。
 

■インプラント手術のメリット
メリット①
あごの骨に歯根を埋め込むため、入れ歯と違い力を入れてしっかり噛むことができます。不安を感じずに咀嚼できれば、バランスよくさまざまな食材を食べられるため、口腔だけでなく体全体の健康維持にもつながります。年配の方であればしっかり噛むことで、認知症予防にもつながるといわれています。
 

メリット②
ブリッジは残っている別の歯を土台にするために、削らなければなりません。入れ歯も別の歯にバネをかけるため負担をかけることになり、失った歯の機能回復とはいえ、別の歯の健康を損ねる恐れがあります。この点、インプラントは失った歯の部分に人工歯根を埋め込むため、ほかの歯を削ったり、残りの歯に過大な負担をかけたりすることはありません。
 

メリット③
インプラントの人工歯の部分には、セラミックが使われることが多いです。セラミックは天然の歯のように、自然な色味を持たせられます。そのため、不自然に見えがちな入れ歯とは異なり、審美的にも優れた治療法といえるでしょう。
 

■インプラント手術のデメリット
デメリット①
インプラント手術は原則として、保険が適用されない自由診療です。そのため、費用が高くなる傾向にあります。
 

デメリット②
インプラント治療は手術を伴うため、治療期間が長期間に及びます。手術自体は1~2日で終わりますが、インプラントがしっかりと骨と結合し、天然の歯と同じように使えるまで3カ月~1年程度かかるといわれています。
 

デメリット③
インプラント手術をした後も、メンテナンスが必要です。もし歯医者で行うメンテナンスやセルフメンテナンスを怠れば、インプラント周囲炎に感染することもあり、場合によってはインプラントの脱落につながります。
 

手術後の出血は?

インプラント手術中は出血を最小限にコントロールしているため、手術後に出血が続くようなことはほとんどありません。ただし、手術直後に微細な皮下出血が起きることはあります。しかし、これも外科手術に対する正常な反応であり、一般的に数日から2週間程度経過すれば自然と消失するため、過度に心配する必要はありません。
手術後に時間が経過しても、出血が止まらないなどの事態が生じた場合は、手術を担当した歯医者に連絡して状況を伝えるようにしましょう。
 

手術後の腫れは?

手術後にどの程度腫れるかは、患者さんの症状や体調などによって異なります。インプラント手術の際に骨を増やす手術をしたり、あるいは手術の範囲が広かったりした場合は、腫れが大きくなりやすいといえます。個人差はあるものの、36時間~48時間後くらいをピークに、腫れは徐々に和らいでいくといわれています。
 

手術後の痛みは?

インプラント手術の際には麻酔が施されるため、多くの場合は術後に痛みを感じます。しかし、歯医者で鎮痛剤が処方されますので、きちんと服用していれば4日~5日で痛みは治まっていくでしょう。
もし、鎮痛剤で我慢できないような痛みを感じたり、痛みがずっと続いたりするようなら歯科医に相談してください。
 

インプラント手術の痛みについてはこちら
 

抗菌薬について

患者さんの症状によっては、インプラント手術後に抗菌薬が使用されます。その場合は、処方された抗菌薬をすべて飲み切るようにしましょう。
 

手術後の食事について

手術後の初日は患部に痛みが残っていると思いますので、食事をする際は手術箇所と別の部位で噛むようにしてください。硬いものや熱いものは、患部を傷つける可能性があるため、避ける方が無難でしょう。アルコールを飲むと血行が良くなり、出血や痛みの原因につながるため、手術後2~3日は我慢しましょう。
 

食事以外で手術後に注意するべき点

インプラント手術後は食事以外にも、日常生活の中で注意したい点があります。
 

激しい運動は避ける

運動は血行をよくするため、激しい運動は1週間程度避けましょう。また、ウォーキンのようにそれほど負荷をかけない運動も、手術後2~3日は控える方がよいといわれています。
 

禁煙する

タバコのヤニが歯周病のリスクを高めるため、喫煙はお口の健康にとって大敵といわれています。インプラント手術後はインプラント周囲炎にかかる可能性もあるため、できれば禁煙をおすすめします。完全に禁煙しない場合も、手術後2週間は禁煙が必要とされています。
 

患部には触らない

インプラント手術後は患部に痛みや違和感があり、指や舌で触れたくなるかもしれませんが、それは避けましょう。直接触れなくても強いうがいをしたり、ブラッシングしたりするのもNGです。患部以外の歯は、手術前と同じように毎日の歯ブラシが必要ですので、患部に気を付けながらケアするようにしてください。治癒するために必要な期間は人それぞれですが、1週間~10日程度は患部のブラッシングは避けましょう。
 

薬をきちんと服用する

インプラント手術後には症状に合わせて、鎮痛剤や抗菌薬が処方されます。歯科医院からの指示に従い、きちんと服用するようにしてください。
 

入浴を控える

運動やアルコールが血行をよくするために控えた方がよいのと同じように、入浴も出血や痛みの原因になりかねません。2~3日は湯船につかるのをやめて、シャワーにとどめておきましょう。
 

まとめ

インプラント手術後の過ごし方について、痛みや腫れの対処法について解説しました。個人差があるものの、1週間~10日程度は安静に過ごす必要があるため、インプラント手術を検討している方は、仕事やプライベートなどのスケジュールも考慮して決めましょう。
また、歯科治療にはインプラントだけではなく、セラミック治療もあります。どちらが適しているかはお口の状態で異なるため、さまざまな治療に対応しているクリニックを探すことが大切です。治療法や治療計画については十分な情報を収集し、納得いくまで歯科医と相談しましょう。
 

当院のインプラント治療についてはこちら
当院のセラミック治療についてはこちら
セラミック歯の種類と値段についてはこちら
 

 

監修歯科医師の紹介

東京先進医療クリニック 林 伸至 歯科医師

東京先進医療クリニック
歯科・口腔外科 診療顧問

歯科新宿院院長

名取 啓三 歯科医師Keizo Natori

学歴
1989年 福岡歯科大学 卒業
経歴
1989年 歯科クリニック 勤務
2001年 複数の大手美容外科にて研鑽を積む
2021年 東京先進医療クリニックに入職

詳しく見る

形成・美容外科の予約は
東京先進医療クリニックと提携院の東京美容外科にて承っております。

line東京美容外科
LINEアカウント

line東京美容外科
LINEアカウント

QR

×