形成・美容外科の予約は
東京先進医療クリニックと提携院の東京美容外科にて承っております。

line東京美容外科
LINEアカウント

line東京美容外科
LINEアカウント

QR

×

最終更新日:2022/09/21

セラミックとは?ホワイトニングとの違いも解説


白い歯は人に与える印象や、イメージが大きく変わります。毎日の地道なオーラルケアに加えて、歯を白くするための歯科治療には大きく分けて、セラミック治療とホワイトニングの2つがあります。ここではセラミック治療の種類について、ホワイトニングとの違いも含めて解説します。
 

歯を白くする方法

冒頭で紹介したように歯を白くするためには、天然の歯にセラミックから作られた素材を貼り付けたり被せたりするセラミック治療と、天然の歯を白くするホワイトニングの2つがあります。具体的な治療内容を解説する前に、セラミックとホワイトニングそれぞれの治療法の概要を解説します。
 

セラミック治療

セラミック治療とは、陶器の素材であるセラミックを使って、詰め物や被せ物をする歯科治療のことです。セラミック治療のメリット・デメリットは以下のとおりです。
 

■メリット
セラミックは、天然の歯に近い色合いと自然な発色が特徴であるため、審美的に優れています。
歯科治療でこれまで一般的に用いられてきた銀歯は、治療後にすき間ができやすいといわれています。その結果、虫歯や歯周病の原因になる、歯石や歯垢がたまるリスクが高いです。この点、セラミックは天然の歯との接合性に優れているため、虫歯などが再発しにくいといえます。
さらに、銀歯の治療で引き起こされる、金属アレルギーの心配がありません。
 

■デメリット
銀歯は保険治療の対象ですが、セラミックは原則として保険が適用されない自由診療です。そのため、費用が高額になる傾向にあります。
そしてセラミックは陶器でできているため、強い力がかかると割れるリスクがあります。さらに、セラミックを装着するためには、健康な歯をある程度削らなければなりません。削ることで歯は弱くなるため、セラミック治療に抵抗を感じる方もいます。
 

セラミックのメリット・デメリットはこちら
 

ホワイトニング

歯は外側からエナメル質、象牙質、神経の三層構造になっていますが、ホワイトイニングは黄ばみを帯びた象牙質を漂白する歯科治療を指します。歯は定期的なクリーニングが必要ですが、それだけでは一番外側のエナメル質についたステインやヤニなど着色汚れを除去することはできても、象牙質の黄ばみへのアプローチは困難です。
特に、年齢を重ねるにつれて透明なエナメル質は徐々に薄くなり、黄ばんだ象牙質は厚くなる傾向にあるため、白い歯を手に入れたい患者さんに対して、ホワイトニング治療を勧める歯医者も少なくありません。
 

セラミック治療にはさまざまな種類がある

セラミック治療の概要について上述しましたが、大きく分けて3つの治療法があります。
 

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、セラミック製の薄いチップを前歯に貼り付ける審美目的の歯科治療です。1本だけの治療も可能ですが、上下すべてをカバーもできます。ラミネートベニアには以下のようなメリット・デメリットがあります。
 

■メリット
チップを選ぶ際に他の天然歯の色調と合わせて調整できるため、自然な仕上がりになります。その際、ラミネートベニアを貼り付けるために、前歯をわずかに削る必要があります。しかし、後述する被せ物に比べてその量は比較的少ないため、健康な歯をできるだけ残すことが可能です。具体的に削る量は歯の一番外側のエナメル質範囲内0.3~0.8mm程度といわれています。
 

■デメリット
使用するセラミック素材は被せ物に比べると多くありませんが、保険が適用されない自由診療のため費用が高額になりがちです。
そして、歯を削る量が少ないとはいえ、健康な歯を削る必要があります。削った歯はもとには戻せないため、治療前にしっかりと医師と相談しましょう。
 

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウンとは、セラミックでコーティングした金属から作られたクラウンを、歯に被せる治療法です。メタルボンドクラウンには、以下のようなメリット・デメリットがあります。
 

■メリット
表面はセラミックで天然の歯になじみやすい上に、中身は金属で割れにくいため、奥歯を含めてほとんどの部位に使用できます。さらに汚れが付着しにくく、虫歯予防に効果的です。
 

■デメリット
内側が金属のため、金属アレルギーを招くリスクがあります。加えて、ラミネートベニアと同じく原則として保険適用の対象外です。
 

オールセラミッククラウン

セラミックのみで作られたクラウンを、削った歯に被せる治療法です。以下のようなメリット・デメリットがあります。
 

■メリット
すべてセラミックでできているため、透明感と発色が良いのが特徴です。同時に、金属アレルギーのリスクがなく、金属の劣化によって起こる歯茎の黒ずみが起こる恐れが低いといわれています。
 

■デメリット
他のセラミック治療と同じく、保険対象外で費用が高めです。特に、オールセラミッククラウンはその名のとおり、セラミックだけを使っているため、セラミック治療の中でも費用が割高です。また、陶器のため強い衝撃を受けると割れる可能性があります。
 

セラミック歯の種類についてはこちら
 

セラミック歯の料金相場はどれくらい?

セラミック歯の料金相場は、治療する部位や本数によって異なります。平均的に、メタルボンドクラウンやオールセラミッククラウンの場合は1本8万円~13万円程度、ラミネートベニアの1本あたり5万円~10万円かかるといわれています。
しかし、自由診療は医療施設が独自に価格を設定できるため、歯科医院によって費用に違いがあります。
 

セラミック歯の値段と寿命についてはこちら
 

おすすめのセラミック素材「ジルコニア」

強度と金属アレルギー対策のどちらも兼ね備えているのが、「ジルコニア」という人工ダイヤモンドを使用した素材です。金属よりも固いにもかかわらず、重さは3分の1程度であるため、歯にかかる負担を軽減できます。
 

ジルコニアの詳しい解説はこちら
 

セラミックでよくあるQ&A

Q.セラミック治療に保険は適用できますか?

A.上述したようにセラミック治療は主に審美目的のため、原則として保険適用されません。ただし、2014年から小臼歯に対してハイブリッドセラミッククラウンを使った治療は、保険適用が可能になりました。
 

Q.セラミックはずっと変色しませんか?

A.セラミックは陶器と同じ素材から作られているため、経年劣化、タバコのヤニ、コーヒーなどによる変色はほとんどありません。
 

Q.セラミック治療に痛みはありますか?

A.セラミッククラウンやラミネートベニアを装着する際には歯を削りますが、麻酔をします。麻酔そのものに痛みを感じる方もいますが、多くの歯医者で無針麻酔器や電動注射器などを使用して、できるだけ痛みを抑えるようにしています。
ただし、麻酔をしていても虫歯による炎症の程度がひどい場合、麻酔が効きにくく、痛みを感じることもあるようです。
 

Q.ホワイトニングとセラミック治療の違いはなんですか?

A.上述したようにホワイトニングは天然の歯を漂白しますが、1度施術すればその効果がずっと続くわけではありません。その後も定期的に歯医者に通い、ホワイトニングを行う必要があります。
それに対してセラミック治療は、セラミックで作られたクラウンやラミネートベニアを装着しますので、変色はほとんどありません。さらに歯を白くするだけでなく、別途歯並びの矯正など機能回復を目指した施術も同時に行えます。
 

ホワイトニングについて

ホワイトニングの概要については上述しましたが、ここではホワイトニングにどのような種類があるのか解説します。
 

ホワイトニングの種類や関連相場はこちら
 

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは歯科医院に足を運び、歯科医などの有資格者にホワイトニングを施術してもらう治療法です。
オフィスホワイトニングの特徴は、即効性があることです。ただ、その分使用する薬剤は強いため、しみたり痛みを感じたりする人もいるようです。また、施術後2カ月~3カ月程度で白さが徐々に失われ始め、1年~2年後にはもとの歯の色に戻ります。そのため、白さを保つためには、定期的なホワイトニングが必要です。さらにオフィスホワイトニングを行う場合、虫歯があると先に治療が必要となるため、必ずしも自分の希望の日程通りに治療を行えないケースもあります。
 

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、歯医者ではなく自宅で行うホワイトニングのことです。最初に歯医者で型取りをして、マウスピースを作成します。そのマウスピースに薬剤をいれ、装着しながら時間をかけて歯を白くしていきます。
しかし、オフィスホワイトングのように、すぐに効果が現れるものではありません。さらに、自分で時間を決めて装着しなければならないため、セルフコントロールできる人が望ましいといえるでしょう。とはいえ、効果はオフィスホワイトニングよりも、長持ちするといわれています。ちなみにオフィスホワイトニングは3万~10万円かかりますが、ホームホワイトニングは2万~10万円と費用は若干低めです。
 

セルフホワイトニング

セルフホワイトニングとホームホワイトニングの違いは後者が医療行為で、前者はホワイトニングの歯磨きやマニキュアなどを使い、汚れを落とすことを指します。自分で薬剤の購入や、ホワイトニングの専門のサロンなどで行うこともできます。セルフホワイトニングの最大のメリットは費用を抑えられる点ですが、その分効果が見えにくいといえるでしょう。その他のホワイトニングと、組み合わせることも可能です。
 

デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを組み合わせたのが、デュアルホワイトニング方法です。組み合わせることで効果を実感しやすく、持続性も期待が持てます。ホームホワイトニングが1年程度、オフィスホワイトニングが3カ月~6カ月程度といわれていますが、デュアルホワイトニングは1年~2年程度白さを維持することが可能です。しかし、その分費用もかかる点がデメリットといえるでしょう。
 

まとめ

セラミック治療と、ホワイトニングの違いについて詳しく解説しました。一口にセラミック治療、ホワイトニングといってもいくつかの種類があるため、費用や症状に応じて自分に合う治療を選ぶことが大切です。
それぞれの治療にメリットとデメリットがありますので、治療前のカウンセリングでしっかりと歯科医師に相談しましょう。
 

当院のセラミック治療についてはこちら
当院のホワイトニングについてはこちら
 

 

監修歯科医師の紹介

東京先進医療クリニック 林 伸至 歯科医師

東京先進医療クリニック
歯科・口腔外科 診療顧問

歯科新宿院院長

名取 啓三 歯科医師Keizo Natori

学歴
1989年 福岡歯科大学 卒業
経歴
1989年 歯科クリニック 勤務
2001年 複数の大手美容外科にて研鑽を積む
2021年 東京先進医療クリニックに入職

詳しく見る

形成・美容外科の予約は
東京先進医療クリニックと提携院の東京美容外科にて承っております。

line東京美容外科
LINEアカウント

line東京美容外科
LINEアカウント

QR

×