形成・美容外科の予約は
東京先進医療クリニックと提携院の東京美容外科にて承っております。

line東京美容外科
LINEアカウント

line東京美容外科
LINEアカウント

QR

×

最終更新日:2022/09/21

インプラントのメンテナンス方法は?歯医者で行う場合とセルフケアで行う方法について解説


インプラントは外観と機能のいずれの面からも、天然の歯に近い治療法といわれています。天然の歯は毎日のブラッシングやフロスに加え、定期的に歯医者で検査やクリーニングを行う必要がありますが、インプラントにもメンテナンスが欠かせません。ここでは、インプラントのメンテナンス方法について、歯医者で行う場合とセルフケアで行う方法について解説します。
 

インプラントのメンテナンスが必要な理由

インプラントに限らず「歯は治療が完了したら終わり」と、イメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、インプラントを含めてお口の中は、定期的なメンテナンスが必要です。その理由について、見ていきましょう。
 

インプラント周囲炎の予防

「インプラント周囲炎」とはその名の通り、インプラントを埋め込んだ歯茎の周囲が歯周病に感染し、炎症を起こす病気です。メカニズムは天然の歯が感染する歯周病と同じで、歯茎と歯の間の歯周ポケットに汚れがたまり、細菌が繁殖してプラーク(歯垢)になります。
インプラントの場合、天然の歯に比べて歯周ポケットができやすく、歯周病に感染しやすいことが知られています。しかも、インプラントに装着しているのはセラミックなどの人工歯で、天然の歯よりも炎症に対する抵抗力が弱いため、速いスピードで進行してしまいます。インプラント周囲炎が進行すると、インプラントを埋め込んでいる骨にまで影響を及ぼし、最悪の場合はインプラントの脱落や再手術が必要になることもあります。
 

メーカー保証を受けられる

インプラント装着後に、トラブルが生じることも考えられます。インプラントは手術後に生体親和性の高いチタンが、徐々に骨と結合してより強固になっていきます。そのため、手術後直後に無理な力をかけてしまうと、インプラントの結合が妨げられて脱落につながります。
そのような場合、メーカーは通常5~10年の保証期間を設けていますが、基本的にメンテナンスを行っていることが条件に入っています。
 

インプラント以外の歯も守れる

インプラントのメンテナンスについては後述しますが、歯医者に定期的に通うことが必須です。その際、歯科医はインプラント以外の歯もチェックしてくれるはずです。そのため、もし天然の歯に虫歯、または歯周病の前兆が見られればすぐに対処できます。つまり、インプラントのメンテナンスを心がけることで、結果的にお口全体の健康を保てるのです。
 

歯医者でインプラントのメンテナンスを行う場合

インプラントのメンテナンスには、歯医者のメンテンナンスとセルフメンテナンスがありますが、いずれかを選ぶというより、どちらも必要だと考えておきましょう。以下では、歯医者でインプラントのメンテナンスを行う場合の流れについて解説します。
 

全体をチェック

最初に歯科医の目視で、お口の状態をチェックします。インプラントを中心にそれ以外の歯も含めて、普段のお手入れの状態を確認します。特に、インプラント周囲炎の兆候が見られないかが重要なポイントです。
 

噛み合わせの確認

時間の経過とともに、インプラントの結合部分がゆるむことがあります。食事のとき、気にせずに噛めるのがインプラントのメリットの1つですが、ゆるみが生じていると噛み合わせが安定しない感じがします。そのため、歯医者でのメンテナンスの際には、咬合紙(こうごうし)と呼ばれるカーボン紙を使い、噛み合わせのバランスをチェックします。
 

レントゲン検査

レントゲンを使い、インプラントが埋め込まれている骨の状態を検査します。インプラント周囲炎が進行すると骨にまで影響を及ぼし、インプラントの土台がぐらついて脱落につながるため、早期に見えない部分を含めてチェックしておくことが重要です。
 

ブラッシング指導

インプラントを含め、お口の中の状態を確認できたらクリーニングに入ります。仮に歯医者で徹底的にクリーニングしても、毎日のセルフメンテナンスが不十分であれば、インプラントを長く使い続けられません。そのため、歯医者では丁寧にブラッシング方法を指導してくれます。場合によっては歯ブラシ以外のフロスや、歯間ブラシなどの清掃器具の使い方の指導も受けられます。
 

クリーニング

「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」などの歯科医による専門的なクリーニングにより、毎日のケアでは取り除くのが難しい歯垢を取り除きます。人口歯を外すなどして、インプラントのクリーニングも徹底的に行います。
 

引っ越しなどで通院する病院が変わる場合

歯医者でインプラントのメンテナンスを行う場合、手術をした歯医者でケアを受けるのが理想的ですが、引っ越しなどで病院先が変わる場合もあります。その際も引っ越し先で定期的なメンテナンスが不可欠のため、転院前に自分が装着したインプラントのメーカーや種類などについてきちんと把握しておきましょう。必要に応じて、紹介状を発行しておくと安心です。
 

歯医者でのメンテナンスの頻度と費用について

歯医者でのメンテナンスの頻度はインプラントの状態にもよりますが、年に2~4回を想定しておきましょう。費用は一概にはいえませんが、3,000円~10,000円程度が目安です。インプラントがよく手入れされていれば軽めのクリーニングで十分のため、費用は安くなります。
また、何かしらの症状が現れてからの受診では、治療に時間と費用が多くかかります。特に問題ないからとメンテナンスを怠らず、定期的に受診しましょう。
 

インプラントの医療費控除についてはこちら
 

セルフケアでインプラントのメンテナンスを行う場合

歯医者で徹底的なクリーニングをした後、重要なのは次のメンテナンスまでその状態を保ち続けることです。そのためには、インプラントのセルフケアが必要不可欠です。
 

ブラッシング

セルフケアの基本は、毎日のブラッシングです。歯ブラシは毛先の柔らかいものを選び、細かくブラッシングします。親指・人差し指・中指の3本で持ち、力を入れ過ぎず丁寧に歯と歯茎の間の歯垢を落とします。
 

歯磨き粉

フッ素入りの歯磨き粉を選ぶのも1つの方法です。フッ素には虫歯を抑制し、歯質を強化する働きがあるといわれています。研磨剤が荒いと歯と歯茎を傷つける恐れがあるので、歯磨き粉を選ぶ際には気を付けましょう。
 

フロス

歯の間の汚れを落とすのに、ブラッシングだけでは限界があるため、フロスの使用を勧める歯科医もいます。これまでフロスを使ったことがない方は、試してみてもよいかもしれません。
 

まとめ

インプラントのメンテナンス方法について解説しました。インプラント術後は、歯医者で行うメンテナンスとセルフケアで行うメンテナンス、どちらも必要です。インプラントを長く使い続けられるよう、メンテナンスを怠らないようにしましょう。
 

当院のインプラント治療についてはこちら
 

 

監修歯科医師の紹介

東京先進医療クリニック 林 伸至 歯科医師

東京先進医療クリニック
歯科・口腔外科 診療顧問

歯科新宿院院長

名取 啓三 歯科医師Keizo Natori

学歴
1989年 福岡歯科大学 卒業
経歴
1989年 歯科クリニック 勤務
2001年 複数の大手美容外科にて研鑽を積む
2021年 東京先進医療クリニックに入職

詳しく見る

形成・美容外科の予約は
東京先進医療クリニックと提携院の東京美容外科にて承っております。

line東京美容外科
LINEアカウント

line東京美容外科
LINEアカウント

QR

×