形成・美容外科の予約は
東京先進医療クリニックと提携院の東京美容外科にて承っております。

line東京美容外科
LINEアカウント

line東京美容外科
LINEアカウント

QR

×

最終更新日:2022/06/27

虫歯の治療期間は?症状の種類と必要な通院回数について解説


一口に虫歯治療といっても、症状進行の度合によって治療方法や必要な通院回数は異なります。ここでは進行度別の虫歯の治療期間や、必要な通院回数について解説します。また、症状が深刻な場合の全身麻酔の虫歯治療についても触れています。
 

進行度別の虫歯の治療期間

CO(初期虫歯)の治療期間

虫歯は専門用語で、「caries(カリエス)」といいます。これを、虫歯の症状がどのくらい進行しているのかを表す際に、「CO(シーオー)」からスタートして「C1」~「C4」と表現されます。この数字が大きくなるほど、虫歯が進行していることを表します。
COとは「Caries Observation (オブザベイションズ)」の略で、経過観察の状態です。初期虫歯の状態で、専門的には「初期う蝕(しょく)」といわれます。「う蝕」とは、口の中にいる細菌が、摂取した糖分を餌にして歯質を溶かしていくことをいいます。初期う蝕では、歯の表面の白濁などの症状があるだけで、具体的な治療が必要になることは基本的にありません。
ただ、何もしなくてよいわけではなく、虫歯が進行しないよう予防策は必要です。歯科医院ではこの段階の患者に対して、「フッ素塗布」の処置を行うことがあります。フッ素は食品などにも含まれている物質であり、歯科治療だけに用いられる薬品ではありません。フッ素を大量に摂取すると、中毒症状が現れることがありますが、歯科医院で施されるのはあくまでも「塗布」であるため、体に悪影響が及ぶことはまずありません。
フッ素塗布の目的は、歯の再石灰化を促進することです。歯が酸によって溶かされるプロセスを、「脱灰(だっかい)」と呼びます。虫歯を進行させないためには、脱灰を食い止める必要がありますが、脱灰を修復する作用が再石灰化です。
また、経過観察といっても油断は禁物です。COの状態でも1年後には、次のC1に進行する確率は30%といわれています。そのため、歯科医院でフッ素塗布をしてもらったからといって安心せず、毎日自宅での歯磨きを怠らないようにしましょう。
 

C1(エナメル質の虫歯)の治療期間

初期う蝕より少し進行した状態をC1と呼びます。歯は外側からエナメル質、象牙質、セメント質の硬い組織(硬組織)から構成されています。エナメル質は水晶と同じくらいの硬さがあるといわれており、身体の中でもとりわけ硬度の高い部位です。ただし、酸に溶けやすい弱点があります。
そしてC1とは、このエナメル質が虫歯になり始める段階です。エナメル質に小さな穴が開きますが、痛みは感じません。歯科医院ではCOと同じように、経過観察とする場合もありますが、進行の度合によっては「CR(コンポジットレジン)修復」治療が行われます。コンポジットレジンは、白いプラスチックからできた素材で、歯を削る量を最小限に抑えて治療できるという利点があります。この治療は1日で終了することがほとんどで、通院も1回で済みます。費用は保険が適用され、1,500~3,000円程度が目安です。
 

C2(象牙質の虫歯)の治療期間

C2はエナメル質の虫歯がさらに進行し、その下の層である象牙質に達します。エナメル質と異なり、象牙質に穴が開くと痛みを感じるため、この段階で歯科医院に足を運ぶ人も多くいます。象牙質は歯の内部にあるため、外側から見て症状がひどくないように見えても、内側で虫歯が深刻な状態になっている恐れがあるため、歯科医院できちんと検診を受けてすぐに治療する必要があります。
具体的な治療法としては、C1と同様に「CR修復」や「インレー/アンレー修復」が採用されることもあります。インレーとは、虫歯治療をした部分にCRや金属、セラミックなどを補う治療で、アンレーとはインレーより広い範囲を補う治療を指します。
インレーやアンレー修復が施される場合は、型取りをして詰め物を製作する必要があるため、治療に1~2週間かかります。詰め物にどんな材料を用いるかは、患者さんが選択できます。従来の銀歯であれば保険が適用され安価で済みますが、金属アレルギーの不安や審美性の観点からセラミックを選択する人も増えています。
ただし、セラミックだと保険が適用されず、費用が高額になってしまいます。平均的な費用は保険適用だと2,000~10,000円程度、保険が適用されない場合は30,000~60,000円といわれています。
 

C3(神経まで浸食した虫歯)の治療期間

エナメル質や象牙質を突破した原因菌は歯髄、つまり神経を感染させます。虫歯がこの段階まで達すると、強い痛みを引き起こします。しかし、そのまま治療せずに放置しつづけると、神経が働かなくなり、逆に痛みを感じないまま次のC4の段階に進んでしまいます。
歯科医院ではC3の患者に対して、神経を取る治療(根幹治療)が施されます。神経を抜いた歯は「失活歯」と呼ばれ、歯に栄養が行き届かなくなった状態です。そのため、再び天然の歯として再生せず、非常にもろくなります。
神経を抜いた歯はそのまま放置できないため、根幹充填剤や薬を詰め、再感染しないようにします。その後に土台を作り、その上に被せ物をするのです。この土台や被せ物に使用する素材で保険適用の有無や、費用の額が変わってきます。耐久性や審美性に優れているセラミックでは、費用が高額になりがちです。
根幹治療のために2~3回の通院が必要となり、期間は2~3週間に及びます。その後、土台を作って被せ物をするのに、同じくらいの通院と期間がかかるため、全体として治療に1カ月程度かかると考えておきましょう。
根幹治療の費用は約3,000~7,000円、土台作りと被せ物は保険適用で約7,000~20,000円、保険が適用されない場合は10,000~150,000円程度といわれています。
 

C4(歯根まで浸食した虫歯)の治療期間

歯の上部組織は虫歯に浸食され、歯根つまり歯の根っこにまで虫歯が達してしまった状態です。この段階に至った場合、歯髄もすでに破壊されているため痛みはほぼありません。ただし、この状態を放置しておくと、歯が感染源となり別の歯だけでなく、全身にまで悪影響を及ぼす危険性があるため治療は必須です。
歯科医院では、C4の患者に対して歯を残せるかどうか検討されますが、それが難しい場合は抜歯が選択されます。抜歯した場合、失われた歯の本数や周りの歯の状況に応じて入れ歯、ブリッジ、インプラントが選択肢になりますが、治療期間も長期に及びます。入れ歯やブリッジであれば1カ月程度が目安ですが、インプラント治療は半年から1年ほどかかることもあります。
抜歯そのものの費用は、保険が適用され1,000~3,000円程度です。インプラント治療は保険が適用されず、手術代や材料費を含めると1本あたり30~50万円程度かかります。虫歯の進行が進めば進むほど、失うものは大きく治療は長期化し、費用は高額になりがちです。
 

全身麻酔の虫歯治療について

重度の虫歯が1本や2本ではなく、本数が増えると痛みも非常に深刻になるでしょう。複数箇所の虫歯治療を、できるだけ短期間に済ませる方法として全身麻酔での手術があります。
全身麻酔を施すため痛みは感じず、複数箇所の治療を一気に済ませられるため、忙しくて何度も歯科医院に通えない人にもおすすめです。
とはいえ、歯科医院で麻酔科医が常勤しているところは少なく、全身麻酔にはリスクが伴います。そのため、全身麻酔の虫歯治療の実績がある歯科クリニックを見つけ、歯科医師としっかり治療プランを練る必要があります。
 

まとめ

虫歯の症状の進行度合に基づいた治療期間や通院回数、治療法について解説しました。虫歯の症状は進めば進むほど、天然の歯を残すことは難しくなり、治療も時間とお金がかかります。痛みを感じたら先延ばしせず、すぐに歯科医院に足を運び検査してもらうことが大切です。しかし、初期の虫歯は痛みがなく、発見が遅れがちです。痛みの有無にかかわりなく、定期的な検診が必要だといえます。また、深刻な虫歯になってしまったら、全身麻酔で虫歯治療ができる歯科医院を探して、一気に治療を済ませることもひとつの方法でしょう。
 

当院の虫歯治療についてはこちら
当院の全身麻酔・無痛の短期集中治療についてはこちら
 

 

監修歯科医師の紹介

東京先進医療クリニック 林 伸至 歯科医師

東京先進医療クリニック
歯科・口腔外科 診療顧問

歯科新宿院院長

名取 啓三 歯科医師Keizo Natori

学歴
1989年 福岡歯科大学 卒業
経歴
1989年 歯科クリニック 勤務
2001年 複数の大手美容外科にて研鑽を積む
2021年 東京先進医療クリニックに入職

詳しく見る

形成・美容外科の予約は
東京先進医療クリニックと提携院の東京美容外科にて承っております。

line東京美容外科
LINEアカウント

line東京美容外科
LINEアカウント

QR

×