形成・美容外科の予約は
東京先進医療クリニックと提携院の東京美容外科にて承っております。

line東京美容外科
LINEアカウント

line東京美容外科
LINEアカウント

QR

×

最終更新日:2022/06/27

インプラントのメリットとデメリットとは?治療の流れや注意点についてご紹介


歯を失った場合の治療として、従来は入れ歯やブリッジが行われてきましたが、近年インプラントも選択肢として知られるようになりました。とはいえ、どのような治療法でも必ずメリットとデメリットがあり、それぞれを総合的に考慮して決定することが大切です。ここでは、インプラントとは何か、どのような人にインプラント治療がおすすめなのかを説明します。また、インプラントのメリットとデメリットも併せてご紹介いたします。
 

インプラントとは?

インプラントとは歯科治療に限らず、体内に埋め込む医療機器や人工の材料の総称です。心臓のペースメーカーや人工関節もインプラントですが、歯科治療におけるインプラントとは人工歯根を指します。
歯には目に見える部分だけでなく、それを支えている歯根も含まれます。差し歯は歯根が残っている場合の治療法ですが、歯根も失った場合の治療法として、従来は入れ歯やブリッジが用いられてきました。ただし、噛む行為は私たちが考える以上に大きな力がかかります。例えば奥歯1本にかかる力は、その人の体重とほぼ同じだといわれており、ブリッジや入れ歯の場合、別の歯に負担をかけたり、十分な力をかけて噛んだりできないという難点がありました。
この点、インプラントは顎の骨に生体親和性の高い素材である、チタンやチタン合金でできた人工歯根を埋め込むため、自分の歯と同じように十分な力で噛めるようになります。
 

インプラント治療がおすすめの人

従来のブリッジや入れ歯の治療では、残っている歯を削る必要があります。歯は削った分だけ強度が劣るため、失った歯のためとはいえ、健康な歯を削ることに抵抗を感じる方もいらっしゃるでしょう。この点、インプラントは基本的に歯を削る必要がなく、すこしでも自分の健康は歯を残しておきたい方に向いているといえます。
また、入れ歯をこれまで使ってきたものの、十分な力で噛みしめられず食事を楽しめなかった方や、毎日取り外して手入れが面倒だと感じてきた方も、インプラント治療はおすすめといえます。
さらに失った歯が1本だけという方も、インプラント治療は向いています。ブリッジの場合、失った歯に隣り合った歯にも大きな負担がかかるため、周囲の歯に影響が出たり治療が必要になったりすることもあります。この点、インプラントは1本のみの治療で済むため、他の歯への影響を最小限にとどめられます。
 

インプラントのメリット

自分の歯と同じように噛める

インプラントのメリットの1つは、人工歯根を骨に埋め込むことで十分な力をかけて噛める点です。上述したようにブリッジにした場合、他の歯に過大な負担をかけ続けるため、時間の経過とともに歯が弱くなる恐れがあります。また、入れ歯にした場合も食べかすが挟まったり、食事の時にしっかり噛めなかったりなど、気になる場合もあるようです。また、インプラントに使用される、チタンやチタン合金は劣化しにくいという特徴もあります。
 

健康な歯を残せる

ブリッジは、失われた歯の両隣に被せる歯冠を安定させるために、永久歯を大きく削らなければなりません。失われた歯のためとはいえ、健康な歯を削ることは決して望ましくありません。削ってしまうことで歯を痛めて、弱くしてしまうからです。
この点、インプラントは人工歯根を直接骨に埋め込むため、健康な歯を削る必要がありません。
 

ケアが簡単

入れ歯の場合、つけっぱなしだと食べかすなどが挟まるため、毎日取り外して清掃しなければなりません。入れ歯を毎日清掃しない人は、する人に比べて過去1年間の肺炎発症リスクが1.30倍、75歳以上の人に限ると1.58倍も高くなるとの調査もあります。高齢者の場合、入れ歯のケアは口臭トラブルだけではなく、命にもかかわるリスクがあるのです。
この点、インプラントは人工歯根を直接骨に埋め込むため、天然の歯と同じように毎日丁寧に歯磨きをするだけで十分です。
 

審美的に優れている

入れ歯やブリッジは天然の歯と比べると、どうしても歯並びや色が不自然に見えます。口元の印象はイメージを大きく左右し、人前で話す機会が多い方にとってはデメリットです。
この点、インプラントは1本1本歯根を埋め込み、天然の歯に近い色味のものを失われた歯の位置に固定するため、審美的にも優れているといえます。
 

骨を健康に保てる

天然の歯が失われ、そのままにしていると顎の骨にも大きな影響が及びます。骨は適度な負荷や刺激がかかっていないと、次第に痩せてしまうのです。天然の歯が失われる前は、噛むことで歯根を通じて顎の骨に与えられており、その刺激がなくなると顎の骨だけでなく、口元の筋肉も衰え見た目も変化してしまう恐れがあります。
インプラントならば、人工歯根をしっかりと骨に埋め込むため、骨には刺激や負荷を与え続けられます。そのため、顎の骨を健康に保ち続けられるのです。
 

発音が安定する

入れ歯の場合、人によっては発話が不明瞭になりがちです。しかし、インプラントは1本ずつ治療を行うため、天然の歯のときと同じように話せます。発音が安定するため、自信をもって会話を楽しめます。
 

インプラントのデメリット

費用が高額

インプラント治療は保険適用の対象外であり、自由診療になります。そのため、費用は高額になる傾向があります。インプラントの費用は歯科クリニックによって、また使用する材料によっても異なりますが、一般的には1本あたり30~50万円といわれています。医療費控除の制度を利用すれば、多少の還付金を受けられる可能性はありますが、経済的にかなりのコストといえるでしょう。しかも、インプラント手術後も定期的なケアが必要になるため、そのための費用も計算にいれておく必要があります。
 

インプラントの費用についてはこちら
インプラントの医療費控除についてはこちら
 

麻酔をした上での手術が必要

インプラント治療は手術を伴います。切開して骨に人工歯根を埋め込む手術なので、麻酔が必要です。麻酔手術を受けるためには、若い人でも体調を整えておかなければならず、基礎疾患や持病がある場合は、手術を受けられない場合もあります。副作用やリスク、持病などについては、前もって歯科医師にしっかりと確認しましょう。
 

治療期間が長くかかる

インプラント治療は、一度の手術で完了するわけではありません。診断・術前検査・治療計画立案から始め、天然の歯と同じように使用できるまでには、半年から1年かかるといわれています。インプラント埋入手術は1~2日で終わりますが、インプラントと骨が結合するまでの治癒期間は早い人で2~3ヵ月、遅い人であれば半年以上かかることもあります。その上で「アバットメント」と呼ばれる、インプラントと人工歯をつなぐ役割を果たす土台を設置し、最後に人工歯を装着します。上述したように、その後も定期的なメンテナンスが必要になり、治療期間が長くかかってしまうのです。
 

噛む感覚が天然の歯と異なることもある

インプラントは入れ歯やブリッジと比べ、十分な力をかけて噛めることについて触れました。しかし、天然歯と同じような感覚で噛めるかといえば、そういう訳ではありません。多くの場合、時間とともに慣れていくと思われますが、特に最初のうちは食事の際の咀嚼に違和感もあるでしょう。
 

手術に伴う痛みや腫れがある

手術中は麻酔により痛みを感じないものの、手術後の数日間は腫れや痛みが生じます。病院で処方される、痛み止めを服用して対処しましょう。
 

まとめ

インプラント治療の概要、向いている人、さらにはこの治療のメリットとデメリットについてご紹介しました。インプラント治療を検討している方は、十分な情報収集をした上で、歯科医師としっかり相談して決定しましょう。また、インプラントだけが選択肢ではなく、セラミックで解決できる場合もあるため、どちらもできる歯科医院を選ぶことも大切です。
 

当院のインプラント治療についてはこちら
セラミック歯の種類と値段についてはこちら
 

 

監修歯科医師の紹介

東京先進医療クリニック 林 伸至 歯科医師

東京先進医療クリニック
歯科・口腔外科 診療顧問

歯科新宿院院長

名取 啓三 歯科医師Keizo Natori

学歴
1989年 福岡歯科大学 卒業
経歴
1989年 歯科クリニック 勤務
2001年 複数の大手美容外科にて研鑽を積む
2021年 東京先進医療クリニックに入職

詳しく見る

形成・美容外科の予約は
東京先進医療クリニックと提携院の東京美容外科にて承っております。

line東京美容外科
LINEアカウント

line東京美容外科
LINEアカウント

QR

×